競馬予想のあとはスマホでオンラインカジノを楽しんじゃおう!

トップページ >G1レース> 京都競馬第155回天皇賞春(GI)2017年のレース予想

京都競馬第155回天皇賞春(GI)2017年のレース予想

京都競馬場の11Rで行われる第155回天皇賞(GI)2017年のレース予想のレース予想をお届けします。淀の長丁場3200mを制するのはどの馬か?まさにステーヤー王座決定戦といったところです。

人気は武豊騎手騎乗の2枠3番キタサンブラックと、C.ルメール騎手が乗る8枠15番サトノダイヤモンドが分け合う形。

二頭は有馬記念以来の直接対決になるわけですが、どちらも勝って秋の凱旋門賞へ向かいたいはず。力勝負のコースだけに、お互いに負けたくないところです。

今回の天皇賞(春)も予想は三連単複にしますので、今回は軸二頭からの馬券になります。

キタサンブラックとサトノダイヤモンドに続くとすれば、やはり決めてがある馬が一番手。そうなると1枠1番の田辺裕信騎手が乗るシャケトラ、5枠9番京都の使い手・蛯名正義騎手のディーマジェスティ。

今回は大荒れとは行かないレースになりそうですが、二強がワン・ツーとならない場合は三連単での配当に期待ができそうです。

2017年は中山グランドジャンプで人気馬が1着3着で、ちょっと美味しい配当になりました。障害と平地の差はあれど、同じような結果になるかもしれませんネ。

京都競馬第155回天皇賞春(GI)2017年のレース予想は、軸二頭流し三連単マルチまたは軸二頭流し。
3番と15番を軸に、1番と9番が相手です。

天皇賞春の後は、有料の競馬ゲームでもどうですか?英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒル・スポーツで楽しめますよ。

ドバイワールドカップデー馬券も
凱旋門賞馬券だって
海外レートで購入できます。

Posted by taketoshi : 14:56 | Comments (0) | Page Top ▲

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)