競馬予想のあとはスマホでオンラインカジノを楽しんじゃおう!

トップページ >G1レース> 阪神競馬第61回大阪杯(GI)2017年のレース予想

阪神競馬第61回大阪杯(GI)2017年のレース予想

阪神競馬場の11Rで行われる、第61回大阪杯(GI)2017年のレース予想をお届けします。
今年からグレードワンになったレース、初回を取りたいのはどの陣営も同じでしょう。

人気は2016年のJRA年度代表馬のキタサンブラック、同年の東京優駿を勝った日本ダービー馬のマカヒキ、香港ヴァーズでハイアンドリールを破ったサトノクラウン。

まさに3強の闘いといったムードですが、ヤマカツエースとアンビシャスあたりも一角を崩したいところ。

とは言え上位3頭の力は抜けた印象もあり、阪神の芝2,000mは直線に坂もあり14頭立てもあいまって『まぎれ』はあまり期待できない感じです。

ただ前走を見る限りでは、マカヒキの動きがイマイチの印象。キタサンブラックはジャパンカップの強さを見ても距離がやや足りない感じです。

そこで今のデキ、完成した状態を考えて、2017年の大阪杯GⅠ初代チャンピオンはサトノクラウンになると予想します。◎はこの馬として、他2頭は甲乙を付けない予想とします。

阪神競馬第61回大阪杯(GI)2017年のレース予想はサトノクラウンの単勝と、三連単複はボックス馬券にします。
買い目は7番の単勝、三連単複は5、7、14の組合せです。

Posted by taketoshi : 14:58 | Comments (0) | Page Top ▲

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)