競馬予想のあとはスマホでオンラインカジノを楽しんじゃおう!

トップページ >G1レース> 中山競馬第77回皐月賞(GI)2017年のレース予想

中山競馬第77回皐月賞(GI)2017年のレース予想

中山競馬場の11Rで行われる、第77回皐月賞(GI)2017年のレース予想をお届けします。

昨日予想した第19回中山グランドジャンプは、一番人気のオジュウチョウサンが楽勝でした。

平地の方は先週の桜花賞でソウルスターリングが敗れる波乱がありましたが、果たして今週の皐月賞はすんなりときまるのか?予想を進めて行きましょう。

まず何と言っても一番人気になっているのが、牝馬のファンディーナであることに注目です。確かに朝日杯と阪神JFの勝ち時計の差を見ても、今年は牝馬のレベルは高そうです。

逆に言えば牡馬でこれと言ったスターホースになりそうな馬が居ないこともあり、まだ底を見せていないファンディーナに人気が集まったのでしょう。

鞍上は岩田康誠騎手でデビューでは逃げ切り、前走は2番手からの抜け出し。父のディープインパクトが武豊騎手で無ければ逃げていた。この馬も武豊騎手なら追い込み馬になっていたかもしれませんネ。

まあデビューからの強い勝ち方を見ても、ファンディーナの強さは本物だと感じます。なので穴党とは言え、今年の皐月賞では本命◎に推します。

もしかしたらココを勝って、牝馬が三冠馬になる。そんな夢さえ抱かせてくれる馬であって欲しいもの。結果がたのしみな一戦です。

対抗は同じくディープインパクト産駒のカデナで、休み明けの弥生賞を勝っての参戦。皐月賞と同じコース・距離を経験した強みが活かせるはず。

他には共同通信杯で強い勝ち方をした、四位洋文騎手が騎乗するスワーヴリチャードが怖い存在。東京競馬場の広いコース向きですが、内枠から好位置で進めて抜け出せばチャンスあり。

穴ならばやっと結果が出始めた?ディープスカイ産駒になる、藤岡佑介騎手が乗るクリンチャー。前々での競馬が信条で、中山の2,000mならば1コーナーまでが長いので内ラチにつけるはずです。

ノーマークの逃げ馬が穴を開ける、まさに鉄板になればクリンチャーにチャンス到来。

もっともファンディーナが3着以内を外すことは考えづらく、三連単複の軸としては外せない予想になります。

中山競馬第77回皐月賞(GI)2017年のレース予想は、三連単軸1頭流しマルチまたは三連複軸1頭流し。
8番ファンディーナから、2、4、16へ流します。
16番クリンチャーの複勝も追加です(^^

海外競馬をJRAオッズではなく、海外のオッズで購入したいと思いませんか?英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒル・スポーツならば
ドバイワールドカップデー馬券も
凱旋門賞馬券だって日本に居ながら海外レートで購入できますよ(^^♪

Posted by taketoshi : 14:44 | Comments (0) | Page Top ▲

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)