競馬予想のあとはスマホでオンラインカジノを楽しんじゃおう!

トップページ >G1レース> 東京競馬第84回東京優駿・日本ダービー(GI)2017年のレース予想

東京競馬第84回東京優駿・日本ダービー(GI)2017年のレース予想

東京競馬場の11Rで行われる、第84回東京優駿・日本ダービー(GI)2017年のレース予想をお届けします。

人気になっているのは青葉賞を最後方からごぼう抜きで勝った、M.デムーロ騎手が乗るアドミラブルが3.5倍で1位になっています。

大きく被る人気にはなっておらず、2番人気のレイデオロが5.1倍。コチラはC.ルメール騎手が騎乗するので、日本ダービーの1、2番人気は外国人騎手ということになります。

三冠の最初の関門、皐月賞を勝った松山弘平騎手のアルアインは4番人気。共同通信杯を四位洋文とのコンビで勝ったスワーヴリチャードが、3番人気になっています。

今回の東京優駿は絶対的な軸になりそうな馬が居ないレース、そこで本命は穴狙いで岩田康誠騎乗の5枠10番ベストアプローチにしました。

なかなか勝てないタイプで、青葉賞では勝ったアドミラブルとスタート後に接触。結局ベストアプローチも後方からのレースで、最後は勝った馬に前をカットされるように斜行されて2着。

マル外馬では有るのですが、なかなか切れ味も有る馬で勝負強さもあります。岩田康誠騎手も昨年は振るいませんでしたが、今年は重賞勝ちもありGⅠをソロソロ取れる頃。

単勝11番人気で51.1倍ですが、複勝はそれなりに売れています。つまり1着頭流しではキツイものの、三連単複の軸としては問題ないタイプということです。

対抗は1枠1番に入った武豊騎手のダンビュライトで、皐月賞は外に寄られての0.1秒差。2016年のキタサンブラックで『神ってる1番枠』だっただけに、今回も何か起こしてくれそうな…。

そしてその隣の2番ゲートに居る、アメリカズカップが面白い存在。若い松若風馬騎手がどうこなすかですが、流に乗ればチャンス十分です。

アルアインは前に行って抜け出すレースが身上だけに、府中の長い直線は歓迎あまり歓迎では無いタイプ。ただ皐月賞馬として、日本ダービーでも実力を誇示する可能性もあり微妙なところ。

今回の東京優駿(日本ダービー)予想は穴馬からだけに、上位人気馬は抑えておくことにしましょう。

東京競馬第84回東京優駿・日本ダービー(GI)2017年のレース予想は軸1頭流し三連単マルチまたは三連複軸1頭流し。

10番のマル外馬ベストアプローチから、1、2、7、12、18へ流します。

Posted by taketoshi : 14:41 | Comments (0) | Page Top ▲

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)