競馬の開催が無い日もネットで稼げるオンカジ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

阪神競馬第58回宝塚記念(GI)2017年のレース予想

阪神競馬場の11Rで行われる、第58回宝塚記念(GI)2017年のレース予想をお届けします。

単勝1番人気は、武豊騎手騎乗の8枠10番キタサンブラック。大阪杯と春の天皇賞を勝っているので、宝塚記念は春の古馬三冠が掛かった大切なレースでもあります。

昨年秋のジャパンカップから有馬記念を経て、最近ん充実ぶりが目立つ馬。キタサンブラックは母の父がサクラバクシンオーなのですが、中長距離で無敵ともいえる馬に成長した感じです。

ただひとつ気がかりなのは、3,200メートルを走ったあとのレースということ。キツイ調教で強くなった馬とは言え、そろそろ疲れがでても不思議ではないはず。
もっともそれでも、11頭立てのレースなら複勝圏内の3着は確保できるでしょう。

さて相手候補ですが、人気はサトノクラウン、シャケトラ、ミッキークイーンといったところ。

ただそれでは馬券的な妙味もないので、ここは紐荒れを期待して予想してみようと思います。

宝塚記念の行われる阪神の2,200メートルは、なんとも微妙な距離。大阪杯から200メートル、つまり1ハロン長くなっただけなのですが…。
スタミナが問われるほどの距離でもなく、かと言ってマイラーには辛い距離。

また今日は雨の影響で馬場は稍重発表ですので、そのあたりを考えて3枠3番に入った、幸英明騎手が乗るスピリッツミノルが穴候補の一番手。

この馬にとって距離はこのくらいが丁度いい感じですし、何と言っても味方になってくれるのは『雨』です。重と稍重では絶対的な強さを見せており、敗退した阪神大賞典は距離が長かった印象。

キタサンブラックをスピリッツミノルが負かすまでは難しいにせよ、積極的に立ち回れば見せ場以上になってもおかしくはないはずです。
幸英明機種の手腕にもきたいして、一発逆転まで狙ってみてほしいものです。

そして三番手には距離は長そうですが、時計がかかれば台頭する4枠4番のクラリティシチー。前走のエプソムカップは消耗戦の中から最後伸びてきており、東京の1,800メートルでまだ伸びそうな脚を見せていたのが印象的です。

松山弘平騎手に乗り替わっていますが、若手らしく思い切った乗り方をしてくれることに期待します。阪神の直線は坂もあり、早い時計の決着に鳴らないことを祈りましょう。

阪神競馬第58回宝塚記念(GI)2017年のレース予想は、三連単または三連単ボックス馬券。
キタサンブラック、スピリッツミノル、クラリティシチーの組み合わせで、3、4、10番の買い目です。

Posted by taketoshi : 14:44 | Comments (0) | Page Top ▲

東京競馬第67回安田記念(GI)2017年のレース予想

東京競馬場の11Rで行われる、第67回安田記念(GI)2017年のレース予想をお届けします。

注目を浴びているのは、現在GⅠを3連勝中のC.ルメール騎手。そして今回は、イスラボニータで堂々の21番人気と支持を受けています。

たしかにC.ルメールは乗れていますし、府中のマイル戦での複勝率も抜群。イスラボニータにとっても、皐月賞以来のGⅠ王者への期待が高まります。

しかし今回は世代交代の時期に来ていると見て、4枠7番のグレーターロンドンを予想の中心にします。

現在まで7戦しか戦っておらず、負けたのはデビュー2戦目の2着だけ。確かに本当に強い相手とは戦っていませんが、相手なりに勝ち進んできています。

今回は乗り慣れた田辺裕信騎手がロゴタイプに乗るため、福永祐一騎手へ乗り替わり。かつてストロングリターンで安田記念を制したこともあり、鞍上の腕にも期待です。

対抗は武豊騎手が乗る、同じ4枠のエアスピネルを挙げます。どうも勝負弱いというか、決め手にかけてしまうタイプ。

400キロ代後半の馬体重で、見た目もキレイで整っている馬。エアスピネルに取って足りないのは、勝負根性なのかもしれませんネ。

とは言えGⅠにあとひとつ足りずに泪を飲んできたわけで、鞍上の天才武豊にとってもマイル戦へ向けて鍛えてきた総決算を勝ちたい筈。

グレーターロンドンとエアスピネル、どちらも2017年安田記念の勝ち馬になってもおかしくない馬と言えるでしょう。

他には8枠17番のヤングマンパワーが怖い存在、とにかく輸送がダメなのがたまにきず。今回もちょっと馬体の戻りが少ないので、抑えまでにしておきます。

香港のチャンピオンズマイル1着2着馬、コンテントメントとビューティーオンリはともに馬体重がマイナス16キロ、18キロなのでココは迷わずに消します。

東京競馬第67回安田記念(GI)2017年のレース予想は、三連単軸1頭1着流しマルチまたは三連複軸1頭流し。
7番のグレーターロンドンから、8、15、17へ流します。
また抑えで7-8のワイドを少々。

長い府中の直線、マイル戦だけにスピード勝負が期待できそうで楽しみです♪

Posted by taketoshi : 15:04 | Comments (0) | Page Top ▲

東京競馬第84回東京優駿・日本ダービー(GI)2017年のレース予想

東京競馬場の11Rで行われる、第84回東京優駿・日本ダービー(GI)2017年のレース予想をお届けします。

人気になっているのは青葉賞を最後方からごぼう抜きで勝った、M.デムーロ騎手が乗るアドミラブルが3.5倍で1位になっています。

大きく被る人気にはなっておらず、2番人気のレイデオロが5.1倍。コチラはC.ルメール騎手が騎乗するので、日本ダービーの1、2番人気は外国人騎手ということになります。

三冠の最初の関門、皐月賞を勝った松山弘平騎手のアルアインは4番人気。共同通信杯を四位洋文とのコンビで勝ったスワーヴリチャードが、3番人気になっています。

今回の東京優駿は絶対的な軸になりそうな馬が居ないレース、そこで本命は穴狙いで岩田康誠騎乗の5枠10番ベストアプローチにしました。

なかなか勝てないタイプで、青葉賞では勝ったアドミラブルとスタート後に接触。結局ベストアプローチも後方からのレースで、最後は勝った馬に前をカットされるように斜行されて2着。

マル外馬では有るのですが、なかなか切れ味も有る馬で勝負強さもあります。岩田康誠騎手も昨年は振るいませんでしたが、今年は重賞勝ちもありGⅠをソロソロ取れる頃。

単勝11番人気で51.1倍ですが、複勝はそれなりに売れています。つまり1着頭流しではキツイものの、三連単複の軸としては問題ないタイプということです。

対抗は1枠1番に入った武豊騎手のダンビュライトで、皐月賞は外に寄られての0.1秒差。2016年のキタサンブラックで『神ってる1番枠』だっただけに、今回も何か起こしてくれそうな…。

そしてその隣の2番ゲートに居る、アメリカズカップが面白い存在。若い松若風馬騎手がどうこなすかですが、流に乗ればチャンス十分です。

アルアインは前に行って抜け出すレースが身上だけに、府中の長い直線は歓迎あまり歓迎では無いタイプ。ただ皐月賞馬として、日本ダービーでも実力を誇示する可能性もあり微妙なところ。

今回の東京優駿(日本ダービー)予想は穴馬からだけに、上位人気馬は抑えておくことにしましょう。

東京競馬第84回東京優駿・日本ダービー(GI)2017年のレース予想は軸1頭流し三連単マルチまたは三連複軸1頭流し。

10番のマル外馬ベストアプローチから、1、2、7、12、18へ流します。

Posted by taketoshi : 14:41 | Comments (0) | Page Top ▲

東京競馬第78回優駿牝馬オークス(GI)2017年のレース予想

東京競馬場の11Rで行われる、第78回優駿牝馬オークス(GI)2017年のレース予想をお届けします。

10Rのフリーウェイステークスでも分かるように、今日の東京競馬場はかなりの高速馬場。前が内で残るレースも多くなっている状況です。

オークスを予想する上で、やはり絶対的なスピードが問われるレースで有ることを考える必要がありそうですネ。

人気は1枠2番に入った、C.ルメール騎手が乗るソウルスターリングが集めています。桜花賞は馬場に泣いた印象ですが、今の府中ならばスピードを活かせるはずです。

ただひとつ不安になるのがフランケル産駒だけに、折り合いがどうなのか?スタミナというよりも気性的な分が気になる所です。

そこで2017年のオークスで◎の本命予想にするのは、7枠14番のリスグラシュー。鞍上の武豊騎手にとってもGⅠ2着続きにピリオドを打ちたいところ。

ハーツクライ産駒の成長力を考えても、リスグラシューはレースを使うごとに強くなっている印象。ここは中団の前目から抜け出して、GⅠウィナーになって欲しいものです。

対抗は距離不安を囁かれてはいますが、この馬場ならばスピードで押し切れてもおかしくはないレーヌミノル。
鞍上の池添謙一騎手も、距離に関してはさほど気にしていない様子なのも強い味方です。

他には距離と良馬場が味方になる、M.デムーロ機種が乗る8枠16番のアドマイヤミヤビが怖い存在。枠が外目なのが気がかりですが、桜花賞のような凡走にはならないと期待します。

一番人気のソウルスターリングは実力的に抑える必要はある馬。今回は人気馬での予想になってしまいましたが、2017年の3歳牝馬はレベルが高く、更に上位陣は力がかなり高いので仕方ありませんネ。

東京競馬第78回優駿牝馬オークス(GI)2017年のレース予想は、三連単軸1頭流しマルチまたは三連複軸1頭流し。
14番リスグラシューを軸にして、2、13、16へ流します。

Posted by taketoshi : 15:02 | Comments (0) | Page Top ▲

東京競馬第12回ヴィクトリアマイル(GI)2017年のレース予想

東京競馬場の11Rで行われる、第12回ヴィクトリアマイル(GI)2017年のレース予想をお届けします。

浜中俊騎手が騎乗する、6枠11番のミッキークイーンが一番人気。先行から中団の前目につけて抜け出すレースが信条で、長い東京の直線でも馬群に沈みそうにはありません。

今回のヴィクトリアマイルも三連単複の予想になるので、ここは素直に◎の本命とします。

対抗の一番手は1枠2番に入った、武豊騎手のスマートレイアー。昨年の4着馬ですが、この馬も大崩れが無いタイプ。今年のGⅠで乗れている鞍上の手腕にも期待がかかります。

一発逆転までありそうなのが、三番手評価の7枠14番レッツゴードンキ。岩田騎手が昨年は重賞で凡走ばかりでしたが、今年は得意のインコース強襲が復活しているのも大きな魅力です。

元々かかりグセのある難しい馬でしたが、最近のレッツゴードンキは追い込みに脚質変更が成功。有り余る闘志を最後の直線で爆発できるようになったので、東京のマイル戦はコース適性も有るはずです。

他には同じように追い込みタイプで、稍重の馬場で時計が掛かることが味方しそうなウキヨノカゼ。吉田隼人騎手が前走につづいて乗りますし、ブラックタイドとディープインパクトの弟・オンファイア産駒というもの面白い存在です。

しかもウキヨノカゼは母の父がフサイチコンコルドで、音速の日本ダービー馬です。血統的にも面白い馬で、7歳にして大きなタイトルが取れたらイイですネ。

他には前走オープン重賞の壁にあたっても3着に健闘した、ジュールポレールも侮れない存在。幸英明騎手のお手馬と言った感じで、下から勝ち上がってきたコンビネーションに期待しましょう。

人気の一角である4枠の2頭ですが、ルージュバックもクイーンズリングも春初戦の内容から本調子を欠いていると判断して消します。

先週の第22回NHKマイルカップに続いての東京1,600m戦、牝馬のマイル王がどの馬になるのか?激戦を期待しています(^^♪


東京競馬第12回ヴィクトリアマイル(GI)2017年のレース予想は、三連単軸1頭流しマルチまたは三連複。
11番ミッキークイーンから、2番スマートレイアー、3番ジュールポレール、12番ウキヨノカゼ、14番レッツゴードンキに流します。

Posted by taketoshi : 14:18 | Comments (0) | Page Top ▲