競馬の開催が無い日もネットで稼げるオンカジ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

京都競馬第22回秋華賞(GI)2017年のレース予想

京都競馬場の11Rで行われる、第22回秋華賞(GI)2017年のレース予想をお届けします。

春2冠までの実績馬の中ではソウルスターリングが天皇賞を目指して先週の毎日王冠へ出走。夏の上がり馬、裏街道からきた馬たちにはチャンス到来といったところでしょうか。

予想をする上で必要な人気順ですが、1番人気はNHKマイルカップをせいしたアエロリット。NHKマイルを買った馬はその後がイマイチになる事が多いのですが、秋初戦のクイーンSを逃げ切って解消。
アエロリットには心配がなさそうですが、2走ボケしなければ連体は確保してくれそうです。

2番人気は優駿牝馬(オークス)4着のあと2連勝しているディアドラで、今回は岩田康誠騎手からC.ルメールに乗り替わっています。

さて秋華賞というとここ数年は2分を切る時計で、京都の芝2,000メートルならではの高速決着が続いているレースです。しかし今年は雨の影響でやや重、ちょっと荒れそうな予感がします。

そこで2017年の秋華賞は、意外な馬がという予想にして本命はダートを勝っているタガノヴェローナにしました。単勝は支持がなく17番人気とブービーですが、クロフネ産駒だけに芝もこなせそうです。
母の父はキングカメハメハですから、血統的にも侮れません。

そして対抗は距離不安視も、桜花賞でまだ余力のあったレーヌミノルにしました。馬場が味方してくれそうですし、秋ひとたたきして変わり身に期待したいところです。

他には勝ちきれないレースが続いてはいますが、常に差のない競馬をしているリスグラシューも怖い存在。名手武豊にしても、そろそろ結果を出したい一線のはずです。

アエロリットは最内枠にはなりましたが、前走は逃げていますし先行できる脚質の今なら不利には鳴らない枠ですネ。

京都競馬第22回秋華賞(GI)2017年のレース予想、買い目は買い目は三連単軸1頭流しマルチまたは三連複軸1頭流し。
10番を軸に1、7、12へながします。
馬連も同じように、10番を軸に1、7、12へながします。

海外の馬券はブックメーカーが発売しています。英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒル・スポーツならばインターネットでお手軽に馬券が購入可能出来ますよ。
ドバイワールドカップデー
凱旋門賞はもちろん
一度登録しておけば、世界中の競馬が馬券を買って楽しめます。
バーチャル競馬ゲームもあって、おすすめです。

Posted by taketoshi : 15:03 | Comments (0) | Page Top ▲

京都競馬第155回天皇賞春(GI)2017年のレース予想

京都競馬場の11Rで行われる第155回天皇賞(GI)2017年のレース予想のレース予想をお届けします。淀の長丁場3200mを制するのはどの馬か?まさにステーヤー王座決定戦といったところです。

人気は武豊騎手騎乗の2枠3番キタサンブラックと、C.ルメール騎手が乗る8枠15番サトノダイヤモンドが分け合う形。

二頭は有馬記念以来の直接対決になるわけですが、どちらも勝って秋の凱旋門賞へ向かいたいはず。力勝負のコースだけに、お互いに負けたくないところです。

今回の天皇賞(春)も予想は三連単複にしますので、今回は軸二頭からの馬券になります。

キタサンブラックとサトノダイヤモンドに続くとすれば、やはり決めてがある馬が一番手。そうなると1枠1番の田辺裕信騎手が乗るシャケトラ、5枠9番京都の使い手・蛯名正義騎手のディーマジェスティ。

今回は大荒れとは行かないレースになりそうですが、二強がワン・ツーとならない場合は三連単での配当に期待ができそうです。

2017年は中山グランドジャンプで人気馬が1着3着で、ちょっと美味しい配当になりました。障害と平地の差はあれど、同じような結果になるかもしれませんネ。

京都競馬第155回天皇賞春(GI)2017年のレース予想は、軸二頭流し三連単マルチまたは軸二頭流し。
3番と15番を軸に、1番と9番が相手です。

天皇賞春の後は、有料の競馬ゲームでもどうですか?英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒル・スポーツで楽しめますよ。

ドバイワールドカップデー馬券も
凱旋門賞馬券だって
海外レートで購入できます。

Posted by taketoshi : 14:56 | Comments (0) | Page Top ▲

京都競馬第48回読売マイラーズカップ(GII)2017年のレース予想

京都競馬場の11Rで行われる、第48回読売マイラーズカップ(GII)2017年のレース予想をお届けします。

春のマイル王へ向けて、どの陣営もこのレースを勝ってはずみを付けたいところでしょう。絶対王者のモーリス引退後の王位へ向けて大切な一戦です。

一番人気は武豊騎手が騎乗する、4枠4番のエアスピネル。三冠レースすべてで掲示板を確保し、距離を問わず安定した走りが信条です。

ただリオンディーズに敗れて2着になった朝日杯FSも、勝ったとはいえ京都金杯でも『決めて』にやや不安があるタイプであるのは事実。

マイラーズカップの予想では中心にしますが、単勝ではなく三連単複の軸馬という位置づけにするのが正解でしょう。

さて紐になるのは前走で逃げて勝ったブラックスピネルが一番手です。M.デムーロ騎手の手腕も有るのでしょうが、府中のマイルを逃げて楽勝したレース内容は強かった!

他には人気を落としてはいますが、松岡正海騎手が乗る6枠6番のヤングマンパワーもあなどれない存在です。

マイルCSでは大敗した京都コースではありますが、右回りがダメということでもない筈。ここはもう一度見直して見たいところですネ。

もう1頭上げれば人気になってはいますが、大外枠11番にはいったC.ルメール騎乗のイスラボニータが怖い存在です。

ここ3戦連続で2着が続いていますが、母の父がイスラコジーンですので揉まれるのが嫌いなタイプ。父のフジキセキは自身も産駒もマイル系は得意。大外とは言え11番ゲートが味方になりますし、血統的にも魅力十分です。

京都競馬第48回読売マイラーズカップ(GII)2017年のレース予想は軸1頭流し三連単マルチまたは軸1頭流し三連複。
4番エアスピネルから6、8、11へ流します。

Posted by taketoshi : 14:49 | Comments (0) | Page Top ▲

京都競馬第110回京都記念(GII)2017年のレース予想

京都競馬場の11Rで行われる、第110回京都記念(GII)2017年のレース予想をお届けします。

何と言っても人気の中心は、R.ムーア騎手が騎乗する3枠3番のマカヒキ。凱旋門賞は結果が出ませんでしたが、2016年の東京優駿(日本ダービー)を勝った馬。

近年最強とも言える世代の頂点に立った馬として、大阪杯に向けて春の始動を勝利で飾りたいところです。

結果次第では凱旋門賞も見えてくるでしょうし、R.ムーアが海外でも乗ってくれれば鬼に金棒。負けられないというよりも、勝って当然というレースになりそうです。

ただ競馬は何が起こるか分かりませんから、京都記念の予想としては馬券の中心・本命でもマルチ流しの三連単を狙います。

対抗になるのは二番人気ですが、和田竜二騎手が乗る8枠9番のミッキーロケット。マカヒキと同世代になる馬で、菊花賞はやや距離が長かった印象。
前走今年初戦の日経新春杯を同じ京都の2,400mで買っている分、ここは逆転まで期待できそうです。

出走頭数が少なくて、穴を探すのもむずかしそうなメンバーですが岩田康誠騎手騎乗の4枠4番のスマートレイヤーを3番手に挙げておきます。

香港ヴァーズを勝ったサトノクラウンは抑えまで。

京都競馬第110回京都記念(GII)2017年のレース予想は三連単軸1頭1着流しマルチ、または三連複軸1頭流し。
3番マカヒキから、4、6、9へ流します。

Posted by taketoshi : 14:49 | Comments (0) | Page Top ▲

京都競馬第64回日経新春杯(GIII)2017年のレース予想

京都競馬場の11Rで行われる、第64回日経新春杯(GIII)2017年のレース予想をお届けします。

日経新春杯の行われる京都の2,400mは、外回りコースです。淀の坂超えがあり、3、4コーナーから加速して直線の攻防が見何処ですネ。

予想をする上で重要なのは、直線へ向くときの位置取りです。外を大きく回るのは不利、かと言って内に詰まってもイケない。

今回の日経新春杯で本命にするのは、浜中俊騎手が騎乗する3枠4番に入ったシャケトラです。500万、1000万下と条件を勝ってきた馬の、勢いに期待します。

中断より前目でレースを進められるので、直線不利無く抜け出してくれそうです。

対抗はV.シュミノー鞍上の、6枠10番モンドインテロ。長い距離を使ってきた馬ですが、2,400メートルならば決め脚勝負にならなさそうなので、なだれ込んできそうです。

ほかには京都大賞典では22016年年度代代表馬・キタサンブラックの標的になってしまった、ヤマカツライデンの巻き返し。菊花賞はちょっとチグハグなレースだったミッキロケットにも期待します。

京都競馬第64回日経新春杯(GIII)2017年のレース予想は、三連単軸一頭流しマルチまたは三連複軸一頭流し。
4番を軸に、8、10、11へ流します。

Posted by taketoshi : 10:35 | Comments (0) | Page Top ▲