競馬の開催が無い日もネットで稼げるオンカジ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

新潟競馬第53回 農林水産省賞典新潟記念(GIII)2017年のレース予想

新潟競馬場の11Rで行われる、第53回 農林水産省賞典新潟記念(GIII)2017年のレース予想をお届けします。

芝の外回り2,000mで行われる新潟記念、直線が長く最後のたたき合いは見応え充分のレースになりそうです。
逃げ先行がハラハラドキドキでしのぎ切るのか、豪快な差し追い込みがきまるのか?よそうしていきましょう。

人気になっているのはアストラエンブレムで、M.デムーロ騎手が手綱を取り続けている馬。連対率が高く、そろそろグレードレースを制覇したいところでしょう。

今回の新潟記念は人気が一本かぶりではなく、やや混戦モード。そこで予想の中心にしたのは、柴田大知騎手が乗るマイネルフロストにしました。

早い流れにも対応できる先行タイプで、ウインガナドルの逃げを突っつくような展開が理想的。淀みのない平均ペースに持ち込めば、後方勢の脚を封じ込めるはずです。

対抗は夏に一息入れたラストインパクトで、まだこのメンバー構成なら十分に勝負圏内でしょう。田辺裕信ジョッキーの騎乗ぶりにも注目したいところです。

単穴は七夕賞3着のソールインパクトで、こちらはひとたたきしての充実ぶりに期待です。直線のながいコースも合いそうですし、あまり早い上がりにならなければチャンス十分。
一番人気のアストラエンブレムは抑えまでの評価にしておきます。

他人気どころでは、トーセンバジルは休み明けですし3,200メートルの天皇賞春を使ったあとのレース。ここはたたき台になりそうなのでパス、ロイカバードは前走佐渡ステークスはハマったけど今回は…。

新潟競馬第53回 農林水産省賞典新潟記念(GIII)2017年のレース予想、印は下記のようになります。

◎6枠12番 マイネルフロスト 牡6/芦 柴田大知 57.0kg

◯7枠14番 ラストインパクト 牡7/青鹿 田辺裕信 57.5kg

▲5枠10番 ソールインパクト 牡5/芦 大野拓弥 53.0kg

△6枠11番 アストラエンブレム 牡4/鹿 M.デムーロ 56.5kg

新潟競馬第53回 農林水産省賞典新潟記念(GIII)2017年の買い目は、三連単軸1頭流しマルチまたは三連複軸1頭流し。
12番を軸に14、10、11へながします。

海外へ行かなくても、インターネットに繋がったパソコンが有れば現地のオッズで24時間いつでも海外競馬の馬券が買えます。
英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒル・スポーツなら、JRAオッズではなく現地のオッズで馬券が購入できますよ。

ドバイワールドカップデー
凱旋門賞はもちろん、
一度登録すれば香港カップやブリーダーズカップなども現地オッズで馬券購入できます。

Posted by taketoshi : 14:51 | Comments (0) | Page Top ▲

新潟競馬52回 関屋記念(GIII)2017年のレース予想

新潟競馬場の11Rで行われる、52回 関屋記念(GIII)2017年のレース予想をお届けします。

新潟のマイル戦、外回りで長い直線が特徴的なコース。豪快な後方一気の追い込みが決まるコースでもありますが、前半上手に貯めれば逃げ先行にもチャンスあり。

今回の関屋記念を逃げそうなのは、武士沢友治騎手のマルターズアポジー。スローに落として真価を発揮するタイプだけに、ペースは遅くなりそうですネ。

そこで本命◎に推したいのは、最内枠に入った蛯名正義騎手の乗るダノンプラチナ。朝日杯FSの勝ち馬で、その後やや低迷もここ2戦は共にGⅢで3着と復調モード。

後ろから差し追い込みでも競馬ができるタイプですが、枠を活かしてある程度前で競馬をすれば楽に抜け出してくれそうです。

対抗は1番人気になっているメートルダールで、M.デムーロジョッキーとの相性が抜群。ペースが落ち着けば早めに先頭に立って押し切るレースも出来る馬、名手がどう乗るのかにも期待がかかります。

単穴は一発ありそうな、横山典弘鞍上のクラリティスカイ。NHKマイルCを勝っている馬で、まだまだ衰える年齢でもありません。単なる早熟馬では無いと思いたいので、ソロソロ復活して欲しい気持ちも込めての▲評価。

他にはマルターズアポジーとの兼ね合いもありますが、おそらく2番手から早め抜け出しを狙うであろうウインガニオンを挙げておきます。
津村騎手も乗り慣れているようですし、落ち着いて騎乗すれば勝利まで期待できそうです。

新潟競馬52回 関屋記念(GIII)2017年のレース予想、印は下記のとおりです。

◎1枠1番 ダノンプラチナ 牡5/芦 蛯名正義 56.0kg

◯3枠6番 メートルダール 牡4/鹿 M.デムーロ 56.0kg

▲5枠9番 クラリティスカイ 牡5/鹿 横山典弘 56.0kg

△8枠15番 ウインガニオン 牡5/黒鹿 津村明秀 57.0kg

新潟競馬52回 関屋記念(GIII)2017年のレース予想は、のレース予想は三連単軸1頭ながしマルチまたは三連複軸1頭ながし。
1番を軸に6、9、15へながします。

有料で楽しめる競馬ゲームをご存知ですか?他にもオートバイやドッグレース等も楽しめる、英国政府公認のウィリアムヒルスポーツ。馬券はもちろん、24時間インターネットでレースゲームが堪能できます。
もちろんドバイワールドカップデー
凱旋門賞を始めとした、海外競馬の馬券も購入できますよ。

Posted by taketoshi : 14:37 | Comments (0) | Page Top ▲

新潟競馬第9回 レパードステークス(GIII)2017年のレース予想

新潟競馬場の11Rで行われる、第9回 レパードステークス(GIII)2017年のレース予想をお届けします。

3歳馬のダート適性を見る上でも、またここから将来ダートホースとしての主役になる馬を探す上でも貴重なレース。

夏の新潟競馬は、先週のアイビスサマーダッシュが芝の直線1,000メートルの電撃戦。このアイビスサマーダッシュはダート王を決めるためのステップレースとして重要な一戦。
夏競馬ならではの見どころの一つですネ。

さてアイビスサマーダッシュの予想ですが、人気を見るとC.ルメール騎手が乗るエピカリスがダントツの1番人気に推されています。

前走はアメリカへ遠征してベルモントステークスに出走のはずが、脚部不安で残念ながら取り消し。その前のUAEダービーは2着とデビュー戦からの連勝は止まったものの非凡な才能を見せた馬。

エピカリスにとってこのアイビスサマーダッシュは、単なる通過点とも言えなくは無さそうです。まあ最悪3着を外すことは無いでしょうから、素直に予想の中心・本命◎とします。

対抗になりそうなのは大外のタガノディグオで、デビュー戦こそ大敗したもののその後は安定。前走は多いのジャパンDD3着でしたが、馬格もありダート適性のある力馬タイプ。

単穴は最内枠になったタガノグルナで、距離的にもレパードステークスの1,800メートルは合いそうです。また江田照男騎手の一発にも期待したくなるところですネ。

新潟競馬第9回 レパードステークス(GIII)2017年のレース予想、印は下記のとおりになります。

◎3枠5番 エピカリス 牡3/黒鹿 C.ルメール 56.0kg

◯8枠15番 タガノディグオ 牡3/黒鹿 川島信二 56.0kg

▲1枠1番 タガノグルナ 牡3/鹿 江田照男 56.0kg

新潟競馬第9回 レパードステークス(GIII)2017年のレース予想は三連単複のボックス
5、15、1の組み合わせ。
馬単5-15、5-1になります。

海外の馬券はブックメーカーが発売しています。英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒル・スポーツならばインターネットでお手軽に馬券が購入可能出来ますよ。
ドバイワールドカップデー
凱旋門賞はもちろん
一度登録しておけば、世界中の競馬が馬券を買って楽しめます。
バーチャル競馬ゲームもあって、おすすめです。

Posted by taketoshi : 14:38 | Comments (0) | Page Top ▲

新潟競馬第17回 アイビスサマーダッシュ(GIII)2017年のレース予想

新潟競馬場の11Rで行われる、第17回 アイビスサマーダッシュ(GIII)2017年のレース予想をお届けします。

真夏の新潟開催の名物レースとなったアイビスサマーダッシュも、今年で17回目を迎えます。予想の中で注意したいのは馬場適正と枠順の2点。

どうしても芝が傷んでくる頃なので、やはり外ラチ側のほうが内側より走りやすくなる時期。そうなると外枠かあるいは先行して外に持ち出すのがこの直線1,000メートル戦のセオリーです。

またコーナーが無いので、大飛の馬でも苦にすることはないのもこのコースならでは。その辺りもふまえつつ、アイビスサマーダッシュの予想をしていきましょう。

人気になっているのは5枠の二頭、韋駄天ステークスで強い勝ち方をしたフィドゥーシアと京阪杯の勝ち馬ネロです。

特にフィドゥーシアは短距離実績が抜群の馬で、先行能力が高く枠も丁度真ん中辺りの10番ゲート。石橋脩騎手にとってみれば、新潟大賞典のサンデーウィザードにつづいて2017年の重賞2勝目を上げるチャンスです。

死角も無さそうですので、2017年のアイビスサマーダッシュは本命フィドゥーシアの予想にします。

対抗一番手は大外8枠16番に入った、酒井学騎手騎乗のアクティブミノル。函館2歳ステークスを2014年に買った馬で、2016年の高松宮記念では4着の実績もあります。

一時期はやや精彩を欠く時期もありましたが、前走のCBC賞3着は見せ場たっぷり。ソロソロ体調も戻り、走れるようになってきた感じですネ。

単穴は若手の伴啓太騎手が騎乗する、4枠7番のシンボリディスコ。ムラの有るタイプではありますが、前走の韋駄天Sで2着に入るように新潟とは相性が良い馬。
一発ハマれば、母の父サクラバクシンオーの血脈が騒ぎそうですネ。

他には杉原誠人騎手騎乗の7枠14番に入った、レジーナフォルテも怖い存在。まだ3歳牝馬ですので、揉まれずに済みそうな枠なのでスタートから先手を取ってのなだれ込みに期待します。

新潟競馬第17回 アイビスサマーダッシュ(GIII)2017年のレース予想、印は下記のようになります。

◎5枠10番 フィドゥーシア 牝5/鹿 石橋脩 54.0kg

◯8枠16番 アクティブミノル 牡5/黒鹿 酒井学 56.0kg

▲4枠7番 シンボリディスコ 牡7/栗 伴啓太 56.0kg

△7枠14番 レジーナフォルテ 牡3/黒鹿 杉原誠人 51.0kg

新潟競馬第17回 アイビスサマーダッシュ(GIII)2017年のレース予想は三連単軸1頭ながしマルチまたは三連複軸1頭ながし。
10番を軸に16、7、14へ流します。

英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒル・スポーツならばインターネットで海外発行の馬券が購入可能です。
ドバイワールドカップデー
凱旋門賞はもちろん、一度登録すれば香港カップやブリーダーズカップなども購入できます。
また有料で楽しめる、競馬ゲームも24時間遊べるのが魅力的ですネ。

Posted by taketoshi : 14:37 | Comments (0) | Page Top ▲

新潟競馬第48回GⅠスプリンターズステークスのレース予想

新潟競馬場の11レースで行われる、第48回GⅠスプリンターズステークスのレース予想をお届けします。

毎年中山競馬場で行われるスプリンターズステークスですが、今年は工事の関係で新潟競馬場開催となるのが大きな特徴。
予想する上で、毎年とは違うことを頭に入れないとイケマセン。

まず気になるのは馬場状態で、夏から使い詰めなので傷んで来ています。元々は暮れの開催だったのが、高速決着をつけるために秋に移動したレース。残念ながら今年は時計が掛る事になりそうです。

春のスプリント王を決める高松宮記念では、コパノリチャードが勝利。今回は3番人気ですが、時計をかみして本命◎をこの馬にしました。

対抗予想は固くはなりますが、戸崎圭太騎手が乗るハクサンムーン。昨年はGⅠに届かずで、惜しい競馬が続いていました。

新潟はアイビスサマーダッシュの実績もあり、重い馬場になっても苦にしないタイプ。1番人気に推されているのも納得ですね。

そして以外に人気になっていない?のが、柴田善臣騎手が乗るセイコーライコウ。直線番長みたいに思われがちですが、ココに来てやっと本格した晩成タイプです。

今回は2番人気のストレートガールは、今年順調さを欠いているので消し。前走あわやジャスタウェイを負かすかの安田記念2着のグランプリボスは、休み明けで走りすぎた印象なので消しました。

とは言え1番人気と3番人気がらみなので、今回は3頭の三連単BOX予想にします。セイコーライコウが1着ならば、ちょっと美味しい結果になりますが…。

新潟競馬第48回GⅠスプリンターズステークスのレース予想は三連単ボックス。
6、15、16の組み合わせです。

今夜は凱旋門賞ですね、日曜日のJRA競馬が終わった後に楽しみがまた有るのは嬉しい限りです^^

Posted by taketoshi : 14:09 | Comments (0) | Page Top ▲