競馬の開催が無い日もネットで稼げるオンカジ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

アンカツ引退!地方競馬出身騎手のパイオニアでしたね

アンカツこと安藤勝己騎手が引退、ムチを置くことになりました。

地方競馬出身の騎手として、JRAに移籍するパイオニアとしても有名な方でした。

思えば40歳代にして挑戦して、JRAに移籍してからはG1を勝ちまくり歴代で3位の実績を残しました。

公営競馬の笠松出身のアンカツが魅せてくれたのは、狭いスペースに入っても馬をおい続けるという技術でしょう。

JRAの騎手なら行き場を失って馬をおえなくなるような場面でも、アンカツは追いながら前を開けるような騎乗をしていました。

また抜けだした馬をゴールまで持たるのも上手く、捕まりそうで捕まらない。ダイワスカーレットは、その典型だったのかもしれません。

キングカメハメハのダービでは、逃げて沈んだ地方の雄コスモバルクを捉えて抜け出しハーツクライの追撃を抑えて優勝。

ライデンリーダーで馬群に沈んだオークスの無念を果たすような、府中の2400mだったのが思い出に残ります。

今後は競馬を世に広めるような活動をされるようですが、調教師への転身はされないような流れです。

岡部騎手同様にJRAのアドバイザーと言った立場になるのか?
名ジョッキーの今後には注目してみたい気持ちで居ます。

数年前にレジェンドレースがありましたが、アンカツはを含めて引退騎手のレースが見たいものです。

ダービーの日に毎年開催されれは盛り上がるでしょうし、アンカツとアンミツの兄弟対決なども見たいものです。

今後も地方競馬から騎手がJRA所属になることもあるでしょうし、その道を作ったのがアンカツです。

日本競馬の発展はやはり最終的には騎手の能力UP。外国からも短期免許で腕自慢が揃っている現在のJRA。

地方出身の騎手はもちろん、JRAの生え抜きたちにも頑張って貰いたいものですね。

Posted by taketoshi : 00:09 | Comments (0) | Page Top ▲

名手OB戦レジェンドレースに岡部元騎手参戦

名手OB戦と現在仮称のレジェンドレースに、岡部元騎手の参戦が決定しました。東京競馬場の新スタンド完成記念として4月22日に実施予定のレース、名手岡部騎手参戦で盛り上がりそうですね。

名手OB戦と言われるレース、元々は伝説のダービージョッキー達によるレジェンドレースとして、開催される企画でした。その後は現調教師等に出走が限られてしまい、競馬学校の大西元騎手等が参加できなくなりました。

今回名手OB戦への参加が決まった、岡部元騎手は2年ぶりに馬に乗ったそうです。現在はJRAのアドバイザーとして活躍中なので、馬に乗る機会は無かったようです。

現在は美浦トレセン場長の承認を受けて、特例でコース騎乗が許可されて練習しているようです。ただ本人も1ヶ月程度ではきっちり仕上がらないし、それが出来るなら現役を続けていたと言っています。

とはいってもさすがにJRA歴代最多勝の2943勝を上げた騎手だけあって、騎乗ホームは現役時代と変わらないものだったとか。名手の参戦で、まさにレジェンドレースとなりそうですよね。

ちなみに名手OB戦は芝の1,600mが予定されており、ダービーコースでは無いようです。確かに騎手の腕を競う為には、マイル戦の方が向いているのかもしれませんし、現役を引退した元騎手にとっては2,400mは長すぎるのかもしれません。

他にも岩本師や河内師といった現役の調教師も出場するので、しばらく馬に乗っていなかった岡部氏との戦いには、有利な感じですよね。いずれにしても名ジョッキーたちによる伝説のレジェンドレース。詳細の発表が遅れているようですが、競馬ファンにとってはとても楽しみなレースとなるでしょう。

▽競馬情報と競馬予想は、人気ブログランキングで何位かな▽

人気ブログランキングバナー

▽競馬情報と競馬予想は、有名ブログランキングで何位かな▽

有名ブログランキングバナー

Posted by taketoshi : 16:59 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

本田優騎手が今週ラストラン

本田優騎手(48)が今週の騎乗でラストランとなります。すでに調教師試験に合格しているので、騎手引退後も競馬会で活躍が期待されています。

本田優騎手は本来関東の出身ですが、騎手になった時にあえて自分に厳しくと、関西所属で騎手デビューしました。86年には阪神3歳ステークスをゴールドシチーで勝ち、GⅠウィナーに。

明けて翌年の皐月賞は、東騎手の好騎乗でサクラスターオーが優勝。ゴールドシチーで2着に敗れた本田優騎手でしたが、3着に入ったマテリアルの岡部騎手から「オレの馬にあわせて来るなんて、いい根性してるな。」と言われたとか。

その後ダービーではゴールドシチーのよさを活かせず4着、その後鞍上を河内騎手に譲るも、88年には再度ゴールドシチーとのコンビで、JCに出走しています。結果は12着でしたが、後に日本で種牡馬として活躍する、トニービン(5着)と同じレースを走っていたんですね。

本田優騎手が有名になったのは、2000年に阪神3歳牝馬Sをテイエムオーシャンで勝った辺りからでしょう。それ以前は、秋の天皇賞で武豊騎手がメジロマックイーンで斜行したときに、あおりを受けて落馬しそうになった騎手として、話題になった事がありましたね。

昨年はカワカミプリンセスで、オークスと秋華賞の2つのGⅠウィナーに。エリザベス女王杯はミスをしてしまいましたが、せめてビクトリアマイルまではカワカミプリンセスとのコンビを見たかった感じです。

今週は本田優騎手のラストランの週です。土曜日のアーリントンカップでは、陣営の使い方からも、今後はマイラーとして活躍しそうな、ローレルゲレイロに騎乗します。また日曜日には、阪急杯で河内洋厩舎のニシノデューに騎乗。このGⅢ阪急杯が、本田優騎手にとってのラストラン。

昨年の松永幹夫騎手のように、終わりよければすべてよしで、本田優騎手には有終の美を飾って欲しいと願っています。

▽競馬情報と競馬予想は、人気ブログランキングで何位かな▽

人気ブログランキングバナー

▽競馬情報と競馬予想は、有名ブログランキングで何位かな▽

有名ブログランキングバナー

Posted by taketoshi : 18:08 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

安藤光彰と吉田稔がJRA騎手2次試験に挑戦

安藤光彰騎手(48)はアンカツのお兄さん、吉田稔騎手(37)は公営愛知の名ジョッキー。この二人が6日のJRA騎手新規免許2次試験に挑戦、競馬界の話題となっています。

安藤光彰騎手は公営笠松で活躍する騎手で、アンミツといわれてファンに親しまれています。現在中央で活躍するアンカツこと、安藤勝己騎手は実の弟。

アンカツは公営笠松所属時代に、JRAで試験前年までの5年間で年間20勝以上を達成。これにより1次試験は免除でしたが、アンミツこと安藤光彰騎手は1次試験から挑戦しています。

吉田稔騎手は94年から03年まで、10年連続愛知リーディングジョッキーとなった腕前。中央でも重賞4章を挙げる名ジョッキーの一人です。今回アンミツともども、公営から挑戦する騎手として注目を浴びています。

現在公営からJRAに移った騎手は、アンカツこと安藤勝己騎手を筆頭に、小牧太騎手・赤木高太郎騎手・柴山雄一騎手・岩田康誠騎手がいます。公営時代を含めて、JRAの競争で3桁の勝利を挙げていますので、公営から移籍してくる騎手のレベルが高いことが証明されています。

今回、安藤光彰騎手がJRA所属になると、本田優騎手とならんで平地ではJRA最年長の騎手となります。ベテランの腕達者が移籍となると、JRA所属騎手もうかうかしていられませんね。

ここ数年間、地方競馬は売り上げの減少で存続が危ぶまれる競馬場が増えています。いざという時に慌てないようにと、地方から名ジョッキーが中央に移籍する傾向は、まだまだ続きそうな感じです。

▽競馬情報と競馬予想は、人気ブログランキングで何位かな▽

人気ブログランキングバナー

▽競馬情報と競馬予想は、有名ブログランキングで何位かな▽

有名ブログランキングバナー

Posted by taketoshi : 16:25 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

伝説のダービージョッキー達によるレジェンドレース

伝説ダービージョッキー達によるレジェンドレースが、JRAの夢プラントして企画されています。ダービージョッキーは年に一人しか誕生しませんし、ダービーは競走馬にとっても3歳時にだけチャレンジできる、最高峰のレース。引退したダービージョッキーは、まさに伝説のジョッキー。

その伝説ダービージョッキー達を集めて、東京競馬場の新スタンドオープンイベントとして、レースを行う企画をJRAが発表したのです。もっともこのレジェンドレースに参加できるのは、すでに現役を引退したダービージョッキーのみで、現役の騎手は含まれません。

伝説ダービージョッキーの一人、根本康広師(87年メリーナイス)は乗り気十分で協力する姿勢を示したそうです。以外と言っては失礼になるのですが、根本師のように勝利回数等あまり目立たないながらもダービーを制した騎手も結構いるものです。

その反対に的場調教師のように、たくさんの勝利数とGⅠをゲットしながらも、ダービージョッキーになれなかった人もいます。河内師も柴田政師も、現役引退間際でダービーを制したのですから、意外な感じがします。

今回伝説ダービージョッキーたちによる、レジェンドレースに参加する予定があるのは、根本師のほかに、岩元市三師(82年バンブーアトラス)岡部幸雄氏(85年シンボリルドルフ)加藤和宏師(84年シリウスシンボリ)安田隆行師(91年トウカイテイオー)南井克巳師(94年ナリタブライアン)大西直宏氏(97年サニーブライアン)河内洋師(00年アグネスフライト)です。

怪我や病気で引退した元騎手は参加できないので、それほど多頭数にはならないかもしれませんね。以前はダービーの当日に、ダービージョッキーだけで行うレースがありました。今回の企画が実現すれば、まさに伝説レースとなるでしょう。

▽競馬情報と競馬予想は、人気ブログランキングで何位かな▽

人気ブログランキングバナー

▽競馬情報と競馬予想は、有名ブログランキングで何位かな▽

有名ブログランキングバナー

Posted by taketoshi : 18:55 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲