競馬の開催が無い日もネットで稼げるオンカジ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

阪神競馬第65回 神戸新聞杯記念(GII)2017年のレース予想

阪神競馬場の11Rで行われる、第65回 神戸新聞杯記念(GII)2017年のレース予想をお届けします。

2017年の東京優駿(日本ダービー)を勝ったレイデオロが、C.ルメール騎手を背に出走してきした。弟のレイエンダも7月30日の札幌新馬戦を勝ち期待がかかる馬、兄のレイデオロも順当に勝ち上がりたいところでしょう。

2番人気はM.デムーロ騎乗のキセキで、500万下・1000万下を勝ち上がってきた『夏の上がり馬』。ルーラーシップの産駒というのも、人気になっている要因かもしれませんネ。

東京優駿では結果が出なかったものの、皐月賞2着のサトノアーサーと3着のダンビュライトが続く形での人気になっています。

他は春のクラシック敗退組と夏の上がり馬たちで、ここで結果を出さないと三冠残りの菊花賞への切符が取れない陣営。

上位の馬たちは神戸新聞杯をたたいての自走が本番、それに対して出走権取りの馬達の戦いといった図式になっています。

近年の神戸新聞杯を見ると春に結果を出した馬が優位な結果、そうなるとここは素直にレイデオロを予想の本命にしたいところです。

そして対抗にはちょっと人気は落としていますが、横山典弘騎手がダービーであわやの乗り方をしたマイスタイル。騎手の腕で持ってきた東京優駿4着のように言われていますが、馬も力はあるはず。馬体重の増減が無いのもプラス要素です。

単穴はダンビュライトで、相手なりに走るタイプ。やや勝ち味は遅いのですが、武豊騎手の腕をもってすれば、そろそろ善戦マンを返上してもいい頃でしょう。

他にはキセキが本番前で-12キロで限界の馬体だけに、ここは必勝体制だけに抑えておきましょう。

阪神競馬第65回 神戸新聞杯記念(GII)2017年のレース予想、印は下記のようになります。

◎5枠8番 レイデオロ 牡3/鹿 C.ルメール 56.0kg

○6枠9番 マイスタイル 牡3/鹿 横山典弘 56.0kg

▲3枠3番 ダンビュライト 牡3/黒鹿 武豊 56.0kg

△3枠5番 キセキ 牡3/鹿 M.デムーロ 56.0kg

第65回 神戸新聞杯記念(GII)2017年のレース予想馬券、買い目は三連単軸1頭流しマルチまたは三連複軸1頭流し。
8番を軸に9、3、5へながします。
馬連も同じように8番を軸に9、3、5へながします。

海外の馬券はブックメーカーが発売しています。英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒル・スポーツならばインターネットでお手軽に馬券が購入可能出来ますよ。
ドバイワールドカップデー
凱旋門賞はもちろん
一度登録しておけば、世界中の競馬が馬券を買って楽しめます。
バーチャル競馬ゲームもあって、おすすめです。

Posted by taketoshi : 14:49 | Comments (0) | Page Top ▲

阪神競馬第58回宝塚記念(GI)2017年のレース予想

阪神競馬場の11Rで行われる、第58回宝塚記念(GI)2017年のレース予想をお届けします。

単勝1番人気は、武豊騎手騎乗の8枠10番キタサンブラック。大阪杯と春の天皇賞を勝っているので、宝塚記念は春の古馬三冠が掛かった大切なレースでもあります。

昨年秋のジャパンカップから有馬記念を経て、最近ん充実ぶりが目立つ馬。キタサンブラックは母の父がサクラバクシンオーなのですが、中長距離で無敵ともいえる馬に成長した感じです。

ただひとつ気がかりなのは、3,200メートルを走ったあとのレースということ。キツイ調教で強くなった馬とは言え、そろそろ疲れがでても不思議ではないはず。
もっともそれでも、11頭立てのレースなら複勝圏内の3着は確保できるでしょう。

さて相手候補ですが、人気はサトノクラウン、シャケトラ、ミッキークイーンといったところ。

ただそれでは馬券的な妙味もないので、ここは紐荒れを期待して予想してみようと思います。

宝塚記念の行われる阪神の2,200メートルは、なんとも微妙な距離。大阪杯から200メートル、つまり1ハロン長くなっただけなのですが…。
スタミナが問われるほどの距離でもなく、かと言ってマイラーには辛い距離。

また今日は雨の影響で馬場は稍重発表ですので、そのあたりを考えて3枠3番に入った、幸英明騎手が乗るスピリッツミノルが穴候補の一番手。

この馬にとって距離はこのくらいが丁度いい感じですし、何と言っても味方になってくれるのは『雨』です。重と稍重では絶対的な強さを見せており、敗退した阪神大賞典は距離が長かった印象。

キタサンブラックをスピリッツミノルが負かすまでは難しいにせよ、積極的に立ち回れば見せ場以上になってもおかしくはないはずです。
幸英明機種の手腕にもきたいして、一発逆転まで狙ってみてほしいものです。

そして三番手には距離は長そうですが、時計がかかれば台頭する4枠4番のクラリティシチー。前走のエプソムカップは消耗戦の中から最後伸びてきており、東京の1,800メートルでまだ伸びそうな脚を見せていたのが印象的です。

松山弘平騎手に乗り替わっていますが、若手らしく思い切った乗り方をしてくれることに期待します。阪神の直線は坂もあり、早い時計の決着に鳴らないことを祈りましょう。

阪神競馬第58回宝塚記念(GI)2017年のレース予想は、三連単または三連単ボックス馬券。
キタサンブラック、スピリッツミノル、クラリティシチーの組み合わせで、3、4、10番の買い目です。

Posted by taketoshi : 14:44 | Comments (0) | Page Top ▲

阪神競馬第77回桜花賞(GI)2017年のレース予想

阪神競馬場の11Rで行われる、第77回桜花賞(GI)2017年のレース予想をお届けします。

クラシック開幕となる第一戦、人気はソウルスターリングに集まっています。C.ルメール騎手とのコンビで、デビューから4連勝中で勝った内容も安定しているからでしょう。

怪物と言われたフランケルを父に持ち、鞍上の腕も確かなので死角はなさそう。阪神の芝コースは稍重まで回復したことも、安心材料の一つになりますネ。

しかし穴党の競馬予想としては、桜花賞の◎はちょっとひねってカラクレナイにします。関東の田辺裕信騎手が初騎乗。前奏のFレビューで手綱を取ったM.デムーロがアドマイヤミヤビに移っているのも人気を落としている要素のひとつ。

とは言え前走の安定感は抜群で、稍重で追い比べになった時にちから強く差し切ってくれそうです。父のローエングリン産駒のロゴタイプで天皇賞秋を制したときのように、田辺裕信騎手の手腕にも期待です。

対抗はソウルスターリングで良しとして、他の馬たちも粒ぞろいのメンバー構成。おもったよりもカラクレナイが売れてないので、人気どころでも紐はOK。

そこでアドマイヤミヤビ、ミスエルテ、ミスパンテール、リスグラシューの3頭まで広げます。

阪神競馬第77回桜花賞(GI)2017年のレース予想は、三連単軸1頭流しマルチまたは軸1頭流しの三連複。
8番カラクレナイを軸に、1、6、14、16へ流します。

人気落ちということで、7番カラクレナイの単勝・複勝まで抑えます。

Posted by taketoshi : 14:59 | Comments (0) | Page Top ▲

阪神競馬第61回大阪杯(GI)2017年のレース予想

阪神競馬場の11Rで行われる、第61回大阪杯(GI)2017年のレース予想をお届けします。
今年からグレードワンになったレース、初回を取りたいのはどの陣営も同じでしょう。

人気は2016年のJRA年度代表馬のキタサンブラック、同年の東京優駿を勝った日本ダービー馬のマカヒキ、香港ヴァーズでハイアンドリールを破ったサトノクラウン。

まさに3強の闘いといったムードですが、ヤマカツエースとアンビシャスあたりも一角を崩したいところ。

とは言え上位3頭の力は抜けた印象もあり、阪神の芝2,000mは直線に坂もあり14頭立てもあいまって『まぎれ』はあまり期待できない感じです。

ただ前走を見る限りでは、マカヒキの動きがイマイチの印象。キタサンブラックはジャパンカップの強さを見ても距離がやや足りない感じです。

そこで今のデキ、完成した状態を考えて、2017年の大阪杯GⅠ初代チャンピオンはサトノクラウンになると予想します。◎はこの馬として、他2頭は甲乙を付けない予想とします。

阪神競馬第61回大阪杯(GI)2017年のレース予想はサトノクラウンの単勝と、三連単複はボックス馬券にします。
買い目は7番の単勝、三連単複は5、7、14の組合せです。

Posted by taketoshi : 14:58 | Comments (0) | Page Top ▲

阪神競馬第65回阪神大賞典((GII)2017年のレース予想

阪神競馬場の11Rで行われる、第65回阪神大賞典((GII)2017年のレース予想をお届けします。

何と言っても今年は2016年の有馬記念を買ったグランプリホース、サトノダイヤモンドが一強といった状態です。

まあフツーに回ってくれば負けることはなさそうですし、少なくとも三連単複の対象になる3着は外さないと予想しています。

ということで◎は平凡にはなりますが、C.ルメール騎手が乗る8枠9番のサトノダイヤモンドとします。10頭立てでもあり、事故がない限りは大丈夫でしょう。

対抗には武豊騎手と新コンビになる、7枠7番にはいったワンアンドオンリーを推奨します。前走のAJCCで折り合って直線は期待をもたせるような動きでした。

2014年のダービー馬で、近走は折り合いも十分。菊花賞でかかってしまったときとは違い、今なら名手を背に見せ場を作りそうです。

その後は穴として、1枠1番のスピリッツミノルが面白そうな存在です。幸英明騎手に乗り戻るのも、比叡ステークスで見せた相性復活にも期待します。

その後は2番人気のシュヴァルグランで、福永祐一騎手を背に鋭く追い込んで来る姿を見せてほしいものです。

阪神競馬第65回阪神大賞典((GII)2017年のレース予想は軸1頭流し三連単マルチまたは三連複
9番から1、3、7へ流します。

もうすぐドバイワールドカップデーですが、海外発行の馬券がネットで買えるのをご存知ですか?
英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒルが日本向けのサービスを提供中です。
ウィリアムヒルならば海外発行馬券が買えます。

Posted by taketoshi : 15:07 | Comments (0) | Page Top ▲