競馬の開催が無い日もネットで稼げるオンカジ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

東京競馬第68回毎日王冠(GII)2017年のレース予想

東京競馬の11Rで行われる、第68回毎日王冠((GII)2017年のレース予想をお届けします。優駿牝馬(オークス)馬のソウルスターリングが休み明けで出走、最内の1枠1番という絶好のゲートを引き当てました。

鞍上はソウルスターリングをお手馬にしている、C.ルメール騎手だけに必勝体制。この秋はG1レースを更に勝ち進みたい馬だけに、ここは休み明けとは言え負けられない1戦になるでしょう。

そしてその隣には内田博幸騎手との新コンビで望む、2016年の東京優駿(日本ダービー)馬のマカヒキが虎視眈々。

2016年に渡仏してニエル賞を勝つまでは順調だったのですが、凱旋門賞で掛かってしまい大敗。帰国後も強烈な末脚が爆発すること無く凡走続きだけに、追える内田博幸騎手の手腕に復活を期待したいファンも多そうですネ。

更に春は安田記念で悲願のG1制覇を果たしたサトノアラジンは、大外からの出馬となっています。大型馬でスタートから流れを引っ張るタイプではないので、東京競馬場の1,800メートルならマイナスにはならないでしょう。

さて人気上位馬はそれぞれ実績もあり、どれが勝ってもおかしくありません。とは言え競馬の勝負と馬券の予想は一味違うもの。
2017年の毎日王冠は、少しひねって予想したいところです。

そこで今回本命にするのは、田辺裕信騎手に乗り戻ったグレーターロンドンです。安田記念は初めて強い相手と戦いながら、0.1秒差の4着と健闘しました。

その時はテン乗りの福永祐一ジョッキーで、主戦の田辺裕信ジョッキーはロゴタイプに騎乗。今回は乗り戻りでもあり、下河辺牧場の逸材がどれだけ成長したかを試す絶好の場。
4番人気ではありますが、突き抜けるレースに期待します。

対抗はソウルスターリング、抑えはマカヒキまで。リアルスティールはやや早熟な印象が強く、5歳となった今では過去の実績馬という印象です。

三連単をマルチにするので、単穴には人気を落としているヤングマンパワーを推奨します。前回関屋記念で久しぶりに見どころが有りましたし、馬体重も太めなくらいに戻りました。
実績のあるコースで、しばらくぶりの勝利まで期待します。

東京競馬第68回毎日王冠((GII)2017年のレース予想、印は下記のようになります。

◎6枠7番 グレーターロンドン 牡5/鹿 田辺裕信 56.0kg

○1枠1番 ソウルスターリング 牝3/青鹿 C.ルメール 53.0kg

▲2枠2番 マカヒキ 牡4/鹿 内田博幸 57.0kg

△7枠9番 ヤングマンパワー 牡5/黒鹿 石橋脩 57.0kg

第68回毎日王冠((GII)2017年のレース予想馬券、第51回 スプリンターズステークス(GI)2017年の予想馬券、買い目は三連単軸1頭流しマルチまたは三連複軸1頭流し。
7番を軸に1、2、9へながします。
馬連も同じように、7番を軸に1、2、9へながします。

有料で楽しめる競馬ゲームをご存知ですか?他にもオートバイやドッグレース等も楽しめる、英国政府公認のウィリアムヒルスポーツ。馬券はもちろん、24時間インターネットでレースゲームが堪能できます。
もちろんドバイワールドカップデー
凱旋門賞を始めとした、海外競馬の馬券も購入できますよ。

Posted by taketoshi : 14:04 | Comments (0) | Page Top ▲

中山競馬第62回 京成杯オータムハンデキャップ(GIII)2017年のレース予想

中山競馬場の11Rで行われる、第62回 京成杯オータムハンデキャップ(GIII)2017年のレース予想をお届けします。

関屋記念で見事に逃げ切ったマルターズアポジーが、今回もハナを切りそうなレース。中山のマイル戦だけに、3コーナーからは外回り独特の速くて長い脚が要求されそうです。

ボンセルヴィーソとウインフルブルームも前に行きたい馬、開幕週のきれいな芝コースでもありペースは速くなりそうな予想。

そこで予想の本命にしたのは、吉田隼人騎手が乗るブラックスピネルです。東京新聞杯では逃げて勝っていますが、折り合いをつけて先行でも走れる馬です。

さすがに安田記念ではGⅠの壁に阻まれた感がありますが、正月の京都金杯ではエアスピネルにハナ差まで迫った馬。このメンバー構成なら勝機十分といったところでしょう。
タレントのカンニング竹山さんも、今夜は祝杯をあげられそうですネ。

対抗は1番人気のグランシルクで、先行勢の後ろについてまくって来ればゴール前できっちり差せる筈。田辺裕信騎手の腕なら、早い流れをきっちりと抜け出すところまでありそうです。

単穴は最内に入ったダイワリベラルで、ウチを上手に回ってそつなく流れに乗ればなだれ込み十分といったところ。

他には逃げねばれればのマルターズアポジーですが、使い詰めもあり今回の京成杯オータムハンデキャップがピークかやや落ちくらいの評価。休み前に一発あるか?

中山競馬第62回 京成杯オータムハンデキャップ(GIII)2017年のレース予想印は次のとおりです。

◎4枠8番 ブラックスピネル 牡4/黒鹿 吉田隼人 57.0kg

○3枠6番 グランシルク 牡5/鹿 田辺裕信 56.0kg

▲1枠1番 ダイワリベラル 牡6/黒鹿 津村明秀 56.0kg

△3枠5番 マルターズアポジー 牡5/鹿 武士沢友治 58.0kg

買い目は、三連単軸1頭流しマルチまたは三連複軸1頭流し
8番を軸に6、1、5へながします。
馬連は8番から紐は、6、1、5となります。

日曜日の競馬が終わったら?有料の競馬ゲームはいかがですか。英国政府公認のウィリアムヒルスポーツは、馬券はもちろん、24時間インターネットでレースゲームが楽しめます。
もちろん一度登録すれば、ドバイワールドカップデー
凱旋門賞を始めとした、海外競馬の馬券も購入できますよ。

Posted by taketoshi : 14:19 | Comments (0) | Page Top ▲

新潟競馬第53回 農林水産省賞典新潟記念(GIII)2017年のレース予想

新潟競馬場の11Rで行われる、第53回 農林水産省賞典新潟記念(GIII)2017年のレース予想をお届けします。

芝の外回り2,000mで行われる新潟記念、直線が長く最後のたたき合いは見応え充分のレースになりそうです。
逃げ先行がハラハラドキドキでしのぎ切るのか、豪快な差し追い込みがきまるのか?よそうしていきましょう。

人気になっているのはアストラエンブレムで、M.デムーロ騎手が手綱を取り続けている馬。連対率が高く、そろそろグレードレースを制覇したいところでしょう。

今回の新潟記念は人気が一本かぶりではなく、やや混戦モード。そこで予想の中心にしたのは、柴田大知騎手が乗るマイネルフロストにしました。

早い流れにも対応できる先行タイプで、ウインガナドルの逃げを突っつくような展開が理想的。淀みのない平均ペースに持ち込めば、後方勢の脚を封じ込めるはずです。

対抗は夏に一息入れたラストインパクトで、まだこのメンバー構成なら十分に勝負圏内でしょう。田辺裕信ジョッキーの騎乗ぶりにも注目したいところです。

単穴は七夕賞3着のソールインパクトで、こちらはひとたたきしての充実ぶりに期待です。直線のながいコースも合いそうですし、あまり早い上がりにならなければチャンス十分。
一番人気のアストラエンブレムは抑えまでの評価にしておきます。

他人気どころでは、トーセンバジルは休み明けですし3,200メートルの天皇賞春を使ったあとのレース。ここはたたき台になりそうなのでパス、ロイカバードは前走佐渡ステークスはハマったけど今回は…。

新潟競馬第53回 農林水産省賞典新潟記念(GIII)2017年のレース予想、印は下記のようになります。

◎6枠12番 マイネルフロスト 牡6/芦 柴田大知 57.0kg

◯7枠14番 ラストインパクト 牡7/青鹿 田辺裕信 57.5kg

▲5枠10番 ソールインパクト 牡5/芦 大野拓弥 53.0kg

△6枠11番 アストラエンブレム 牡4/鹿 M.デムーロ 56.5kg

新潟競馬第53回 農林水産省賞典新潟記念(GIII)2017年の買い目は、三連単軸1頭流しマルチまたは三連複軸1頭流し。
12番を軸に14、10、11へながします。

海外へ行かなくても、インターネットに繋がったパソコンが有れば現地のオッズで24時間いつでも海外競馬の馬券が買えます。
英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒル・スポーツなら、JRAオッズではなく現地のオッズで馬券が購入できますよ。

ドバイワールドカップデー
凱旋門賞はもちろん、
一度登録すれば香港カップやブリーダーズカップなども現地オッズで馬券購入できます。

Posted by taketoshi : 14:51 | Comments (0) | Page Top ▲

札幌競馬第12回 キーンランドカップ(GIII)2017年のレース予想

札幌競馬場の11Rで行われる、第12回 キーンランドカップ(GIII)2017年のレース予想をお届けします。

スプリント戦とは言え、逃げたい馬も多く7枠の2頭シュウジとソルヴェイグがやり合いそうな予感。ネロあたりも絡んでいくと、ハイペースになりそうな展開です。

まあ札幌競馬場の芝コースは力のいる馬場でもあり、マイル戦や重馬場といったレースでの実績馬にとってはプラス材料。

そのあたりを踏まえて、今回のキーンランドカップでの本命◎は大外のメイソンジュニアにしました。M.デムーロ騎手を鞍上に迎え、ここは渡辺薫彦調教師に初重賞制覇をプレゼントしてくれそうです。

展開的には中断のやや前につけて、ゴール前できっちり差すのが理想的。メイソンジュニアはマイルでの経験もありますし、ひとたたきしての変わり身にも期待できそうです。

対抗は絶好調の戸崎圭太騎手が乗る1番人気のモンドキャンノで、朝日杯フューチュリティステークス2着の実績を発揮してくれそうです。

単穴はUHB賞を制したイッテツで、札幌競馬場での実績から侮れない存在です。他にはムラはある馬ですが、決まると強いシュウジまで。

札幌競馬第12回 キーンランドカップ(GIII)2017年のレース予想、の印は下記のようになります。

◎8枠13番 メイソンジュニア 牡3/鹿 M.デムーロ 53.0kg

◯6枠9番 モンドキャンノ 牡3/鹿 戸崎圭太 53.0kg

▲2枠2番 イッテツ 牡5/鹿 藤岡佑介 56.0kg

△7枠10番 シュウジ 牡4/鹿 J.モレイラ 58.0kg

第12回 キーンランドカップ(GIII)の買い目は、三連単軸1頭流しマルチまたは三連複軸1頭流し。
13番を軸に9、2、10へながします。

海外では馬券をブックメーカーが発売しています。英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒル・スポーツならばインターネットでお手軽に馬券が購入可能出来ますよ。
ドバイワールドカップデー
凱旋門賞はもちろん
一度登録しておけば、世界中の競馬が馬券を買って楽しめます。
バーチャル競馬ゲームもあって、おすすめです。

Posted by taketoshi : 14:11 | Comments (0) | Page Top ▲

札幌競馬第53回 札幌記念(GIII)2017年のレース予想

札幌競馬場の11Rで行われる、53回 札幌記念(GIII)2017年のレース予想をお届けします。

秋のGⅠ戦線へ向けて始動する馬たちにとっては、まだ仕上がり万全とはいかないレース。仕上がり状態も気になりますし、力のいる札幌の芝コース適正と気温の高さも影響しそうです。

今年の札幌記念で現在一番人気になっているのは、池添 謙一騎手が乗るヤマカツエース。大阪杯はキタサンブラックの3着と好走し、金鯱賞を勝っているように芝2,000メートルでの実績が評価されたのでしょう。

レースの流れ的には典型的な逃げ馬不在で、なおかつ内枠に追い込み場が入るゲート構成。ゆったりしたスタートからの位置取りが、勝敗を分けそうな状況ですネ。

僕の本命◎は大外に入ったエアスピネルで、距離的にはマイルが得意のように思われつつも万能なタイプ。今回は武豊騎手からC.ルメール騎手に乗り替わりますが、新たな一面を見せてくれるかもしれません。

外から流れ次第で中断からやや前目で競馬ができそうで、名手がしばらくぶりの勝利に導いてくれるでしょう。

対抗はヤマカツエース、単穴は函館記念で魅せてくれたタマモベストプレイ。あまり流れが速くなさそうなので、タマモベストプレイにとっては早め抜け出して粘れば面白そうです。

ほかには人気になってはいますが、マウントロブソンの充実ぶりに期待します。3歳時はまだ身が入っていない感じでしたが、前走の福島TVOPを勝ち成長を見せてくれた印象です。

札幌競馬53回 札幌記念(GIII)2017年のレース予想、記しは下記のようになります。

◎8枠13番 エアスピネル 牡4/栗 C.ルメール 57.0kg

◯3枠3番 ヤマカツエース 牡5/栗 池添謙一 57.0kg

▲5枠6番 タマモベストプレイ 牡/栗 吉田隼人 57.0kg

△4枠5番 マウントロブソン 牡4/芦 J.モレイラ 57.0kg

第53回 札幌記念(GIII)2017年の買い目は、三連単軸1頭ながしマルチまたは三連複軸1頭流し。
13番を軸に3、6、5へながします。

海外競馬をJRAオッズではなく、現地のオッズで購入したいと思いませんか?英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒル・スポーツならばインターネットでお手軽に馬券が購入可能です。
ドバイワールドカップデー
凱旋門賞はもちろん、一度登録すれば香港カップやブリーダーズカップなども購入できます。日本馬が出走しないレースも発売されていますよ(^^)v

Posted by taketoshi : 14:19 | Comments (0) | Page Top ▲