競馬予想のあとはスマホでオンラインカジノを楽しんじゃおう!

トップページ >G3レース> 新潟競馬第17回 アイビスサマーダッシュ(GIII)2017年のレース予想

新潟競馬第17回 アイビスサマーダッシュ(GIII)2017年のレース予想

新潟競馬場の11Rで行われる、第17回 アイビスサマーダッシュ(GIII)2017年のレース予想をお届けします。

真夏の新潟開催の名物レースとなったアイビスサマーダッシュも、今年で17回目を迎えます。予想の中で注意したいのは馬場適正と枠順の2点。

どうしても芝が傷んでくる頃なので、やはり外ラチ側のほうが内側より走りやすくなる時期。そうなると外枠かあるいは先行して外に持ち出すのがこの直線1,000メートル戦のセオリーです。

またコーナーが無いので、大飛の馬でも苦にすることはないのもこのコースならでは。その辺りもふまえつつ、アイビスサマーダッシュの予想をしていきましょう。

人気になっているのは5枠の二頭、韋駄天ステークスで強い勝ち方をしたフィドゥーシアと京阪杯の勝ち馬ネロです。

特にフィドゥーシアは短距離実績が抜群の馬で、先行能力が高く枠も丁度真ん中辺りの10番ゲート。石橋脩騎手にとってみれば、新潟大賞典のサンデーウィザードにつづいて2017年の重賞2勝目を上げるチャンスです。

死角も無さそうですので、2017年のアイビスサマーダッシュは本命フィドゥーシアの予想にします。

対抗一番手は大外8枠16番に入った、酒井学騎手騎乗のアクティブミノル。函館2歳ステークスを2014年に買った馬で、2016年の高松宮記念では4着の実績もあります。

一時期はやや精彩を欠く時期もありましたが、前走のCBC賞3着は見せ場たっぷり。ソロソロ体調も戻り、走れるようになってきた感じですネ。

単穴は若手の伴啓太騎手が騎乗する、4枠7番のシンボリディスコ。ムラの有るタイプではありますが、前走の韋駄天Sで2着に入るように新潟とは相性が良い馬。
一発ハマれば、母の父サクラバクシンオーの血脈が騒ぎそうですネ。

他には杉原誠人騎手騎乗の7枠14番に入った、レジーナフォルテも怖い存在。まだ3歳牝馬ですので、揉まれずに済みそうな枠なのでスタートから先手を取ってのなだれ込みに期待します。

新潟競馬第17回 アイビスサマーダッシュ(GIII)2017年のレース予想、印は下記のようになります。

◎5枠10番 フィドゥーシア 牝5/鹿 石橋脩 54.0kg

◯8枠16番 アクティブミノル 牡5/黒鹿 酒井学 56.0kg

▲4枠7番 シンボリディスコ 牡7/栗 伴啓太 56.0kg

△7枠14番 レジーナフォルテ 牡3/黒鹿 杉原誠人 51.0kg

新潟競馬第17回 アイビスサマーダッシュ(GIII)2017年のレース予想は三連単軸1頭ながしマルチまたは三連複軸1頭ながし。
10番を軸に16、7、14へ流します。

英国政府公認のブックメーカー、ウィリアムヒル・スポーツならばインターネットで海外発行の馬券が購入可能です。
ドバイワールドカップデー
凱旋門賞はもちろん、一度登録すれば香港カップやブリーダーズカップなども購入できます。
また有料で楽しめる、競馬ゲームも24時間遊べるのが魅力的ですネ。

Posted by taketoshi : 14:37 | Comments (0) | Page Top ▲

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)