競馬の開催が無い日もネットで稼げるオンカジ


オンラインカジノ初心者の方はこちらをお読みください。

ジャパンダートダービー(第9回、GⅠ)のレース結果

ジャパンダートダービー(第9回、GⅠ)のレース結果をお届けします。勝ったのは昨年の2歳ダート王、フリオーソでした。JRAの馬主認可登録に向けて、ダーレー・ジャパンにとっても嬉しい結果となりました。

ジャパンダートダービーが行なわれた大井競馬場は、雨の影響で不良馬場。一部水が浮くような馬場状態となり、先行したフリオーソが楽々と抜けきるレースでした。

スタートしてまずハナに立ったのは、JRAのエイシンイッキでした。このところ逃げるレースをしていなかったのですが、馬場状態を見て福永佑一騎手が判断したのでしょう。

勝ったフリオーソは2番手を楽な手ごたえで進み、その外にトップサバトンがあわせる展開。スタートして1コーナーへ向かうまでが位置取り争いでペースが上がったものの、その後は12秒台後半で坦々と流れるレース展開。

3コーナーではエイシンがバテて下がる中、フリオーソの今野忠騎手は持ったまま先頭へ。逆に外にいたトップサバトンの手ごたえが怪しくなる中、直線入り口まで持ったままのフリオーソ。

すでに直線に向いたときには勝負ありといったレースで、3コーナーからまくって出たアンパサンドが2着。その後ろの位置から来たロングプライドが3着でした。

今年で第9回となるジャパンダートダービーの勝ちタイムは、2.002.9です。これは02年にゴールドアリュールが記録したレースレコードを1秒2ほど短縮。コースレコードは帝王賞でアジュディミツオーが記録している2.02.1である事から、とても優秀な時計です。

先行して他馬を寄せ付けない強さを、フリオーソが示した形。一度は中央の芝にチャレンジしたこともありましたが、この馬のダートでの強さが改めて実証されたレース。今後は交流戦でも活躍してくれそうですから、とても楽しみな馬。次回からの鞍上が誰になるのかも、ちょっと気になるところです。

大井競馬ジャパンダートダービーの詳しい結果は、公式ページをご覧下さい⇒コチラ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070712-00000000-nks-horse

Posted by taketoshi : 11:09 | Comments (0) | Page Top ▲

ジャパンダートダービー(第9回、GⅠ)のレース予想

ジャパンダートダービーも第9回目を向かえ、本日大井競馬場のトゥインクルで開催されます。国内GⅠレースのため、今年からjpn1レースとなりますがどの馬が勝つのでしょうか。

まず注目されるのは東京ダービーで同じコースを勝っている、戸崎圭騎手騎乗のアンパサンド。右回りとナイター競馬での実績も高く、先行から抜け出すレースはとても安定感があります。

その東京ダービーで2着だったのは、中央芝に挑戦し続けていたフリオーソ。芝のレースは合わないようでしたが、ダートでは2歳チャンピオンになった馬。今回はアンパサンドに机上経験がある今野忠騎手になるのも、プラス材料といえそうです。

また東京ダービーでは後方からのレースとなり、結果を残せなかったトップサバトンの巻き返しにも期待が集まるところです。父のタヤスツヨシは大舞台に強かった馬なので、底力にも期待がかかりそうです。

中央からの参戦組みの中では、武豊騎手のロングプライドが注目される馬です。前走ユニコーンSではフェラーリピサを破った実績馬。脚抜きのいい馬場になった場合でも、スピードがあるのでこなせそうです。最内枠なのでいかに包まれないで競馬が出来るかどうかがかぎとなりそうです。

大井競馬場の2,000mは外回りコースなのですが、さすがに後方一気は難しいところ。ジャパンダートダービーともなればどの騎手も勝つためには、早めの競馬になるはず。ある程度の先行力にプラスして、力強く駆け抜けるスタミナが問われるでしょう。

そういったレース内容になると予想して、ジャパンダートダービーの主役は石崎駿騎手が騎乗する、トップサバトンを中心馬として考えます。

GⅠレースだけに意外な馬の乗り切りも考えられますが、上位4頭は力が頭一つ抜け出すと見ています。出遅れや道中の不利が無ければ、上記4頭の争いになると思われます。

ジャパンダートダービーのレース予想は、トップサバトンを中心にフリオーソ、アンパサンド、ロングバトンの順に4頭です。

推奨の買い目は馬連、1-5、5-10、5-14の3点に絞ります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070710-00000004-kiba-horse

Posted by taketoshi : 15:38 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

競走馬から禁止薬物騒動は人のオシッコだった

競走馬はレース後に禁止薬物が使用されていないかどうかを調べる為に、尿検査を行います。昨年園田競馬で禁止薬物により失格になる事件がありましたが、実は人のオシッコが原因と判明した。

競馬では公正なレースを行うために、各国で禁止薬物が指定されています。JCに参加する競走馬が、本国では禁止薬物になっていない薬物を日本では使用できず、成績が上がらないといった事も起こっています。

また最近ではフランスの凱旋門賞に参加した、日本最強の競走馬ディープインパクトが禁止薬物により、レース失格となっています。

今回競走馬から禁止薬物が見つかったのは、兵庫県の園田競馬場。昨年12月6日の第8レースで1着になったロゴス号の尿から、カフェインの陽性反応が出ました。馬券は成立していますが、ロゴス号は失格となり馬主らは賞金を返還していました。

ところが3月7日に、実は採尿をしている会社の男性社員が、自分のオシッコを混ぜたことを自白。競走馬理化学研究所から、人のオシッコが混ざっている可能性が高いと指摘されて、とうとう自白した形です。

実は競走馬の禁止薬物検査の規定に、発送後1時間以内に80CCの尿を採取する規定があったそうです。ただロゴス号からは50CCしか採れず、自分のオシッコを混ぜてしまったそうです。

この職員は前日にも規定量の採取が出来ずに、上司に注意を受けたばかり。ただ規定量が採取できないと時には、血液検査をする方法もあります。どうやら厳しい上司に怒られるのが嫌で、とっさに行ってしまったようです。

結局禁止薬物の使用は無く失格処分は取り消し、返還された賞金も馬主らに再交付となりました。ただ競走馬の尿検査に自分のオシッコを混ぜた職員は、競馬法違反容疑で書類送検。ほんのちょっとしたことが、大きな問題になったと言うことですね。

何はともあれ園田競馬場の関係者にしてみれば、競走馬への禁止薬物の使用は無かったわけですから、黒い霧が晴れて何よりでした。

▽競馬情報と競馬予想は、人気ブログランキングで何位かな▽

人気ブログランキングバナー

▽競馬情報と競馬予想は、有名ブログランキングで何位かな▽

有名ブログランキングバナー

Posted by taketoshi : 16:37 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

船橋競馬第52回GⅡダイオライト記念のレース結果

船橋競馬場で3月7日に、第52回GⅡダイオライト記念が行われました。レースを制したのはアンカツこと安藤勝己騎手の、キクノアローでした。

船橋競馬場で行われる交流GⅡレースのダイオライト記念、地方競馬所属馬に期待が集まるところですが、勝ったのはJRA所属のキクノアローでした。

ダイオライト記念は今野忠騎手のマズルブラストが、馬群を引っ張る展開。ペースが早くなかったこともあり、向こう正面では武豊騎手のサイレントディールが先頭へ。このまま一番人気のサイレントディールで決まるかと思われたのですが、馬なりで追走したアンカツこと安藤勝己騎手のキクノアローが直線で抜け出したました。

勝ったキクノアローは、これが重賞初制覇。父がキングヘイローで母の父がブレイヴェストローマンの血統ですから、ダートで走りそうなタイプです。牡4歳なのでこれから先のダート路線での活躍が楽しみになりそうです。

2着は和田竜騎手のクーリンガーが4馬身差で入りましたが、勝った馬が強すぎた感じの結果でした。3着は昨年のユニコーンSを勝ち、公営船橋へ転厩して初戦のナイキアースワーク。4着はサイレントディールが残る形でした。

地方競馬場の船橋コースでのレースでしたが、JRA所属の安藤勝己騎手・和田竜二騎手・横山典弘騎手・武豊騎手が1着から4着を独占。6着にもマルブツリードに騎乗した蛯名正義騎手が入り、中央勢が活躍する結果となりました。

ダイオライト記念が行われた船橋競馬場も、地方競馬場らしく小回りコース。直線へ向くときには先頭グループにいないと、勝ちつことは難しいコースです。こういった地方競馬場の特徴となるコースで結果を出せれば、JRA所属馬が地方競馬場の交流レースで活躍することが可能になります。

勝ったキクノアローは重賞初制覇ですが、今後も折り合って先行から抜け出す競馬が出来れば、地方競馬との交流レースで活躍できそうですね。

▽競馬情報と競馬予想は、人気ブログランキングで何位かな▽

人気ブログランキングバナー

▽競馬情報と競馬予想は、有名ブログランキングで何位かな▽

有名ブログランキングバナー

Posted by taketoshi : 16:57 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

川崎競馬第53回エンプレス杯はトーセンジョウオー

川崎競馬場で2月28日に牝馬の交流GⅡ、第53回のエンプレス杯が行われ、トーセンジョウオーが見事に逃げ切って、勝利を飾りました。

川崎競馬場は地方競馬場で、小回り左回りコース。エンプレス杯はダートの2,100mで行われる、中央競馬所属場と地方競馬所属場の交流レース。小回りコースを利して逃げたトーセンジョウオーが勝利を収め、一番人気のフサイチパンドラは2着でした。

エンプレス杯を逃げ切ったトーセンジョウオーは、内田博幸騎手が騎乗していました。内田騎手は逃げる気は無かったようですが、スタートが良かったので逃げたそうです。最後の直線ではフサイチパンドラをせり負かすあたり、地方転入が成功した感じです。

フサイチパンドラの福永騎手によると、ダートそのものよりも小回りコースで上手く立ち振る舞えなかったのが敗因のようです。地方競馬の小回りコースに慣れてくると、今後は活躍出来そうな感じです。

TCK女王盃を制した、サウンドザビーチは中団から追い込むものの、5馬身離されての3着入選。やはり先行しないと、小回りの川崎コースでは厳しいようですね。

また4着に敗れたレマーズガールはラストランとなり、今後は繁殖にまわります。初年度の交配相手はディープインパクトとのプランもあり、実現すれば重賞19勝のカップルの子供が生まれることになります。引退後も繁殖牝馬として、活躍してくれそうですね。

▽競馬情報と競馬予想は、人気ブログランキングで何位かな▽

人気ブログランキングバナー

▽競馬情報と競馬予想は、有名ブログランキングで何位かな▽

有名ブログランキングバナー

Posted by taketoshi : 17:06 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲