競馬予想のあとはスマホでオンラインカジノを楽しんじゃおう!

トップページ >G1レース> 東京競馬第12回ヴィクトリアマイル(GI)2017年のレース予想

東京競馬第12回ヴィクトリアマイル(GI)2017年のレース予想

東京競馬場の11Rで行われる、第12回ヴィクトリアマイル(GI)2017年のレース予想をお届けします。

浜中俊騎手が騎乗する、6枠11番のミッキークイーンが一番人気。先行から中団の前目につけて抜け出すレースが信条で、長い東京の直線でも馬群に沈みそうにはありません。

今回のヴィクトリアマイルも三連単複の予想になるので、ここは素直に◎の本命とします。

対抗の一番手は1枠2番に入った、武豊騎手のスマートレイアー。昨年の4着馬ですが、この馬も大崩れが無いタイプ。今年のGⅠで乗れている鞍上の手腕にも期待がかかります。

一発逆転までありそうなのが、三番手評価の7枠14番レッツゴードンキ。岩田騎手が昨年は重賞で凡走ばかりでしたが、今年は得意のインコース強襲が復活しているのも大きな魅力です。

元々かかりグセのある難しい馬でしたが、最近のレッツゴードンキは追い込みに脚質変更が成功。有り余る闘志を最後の直線で爆発できるようになったので、東京のマイル戦はコース適性も有るはずです。

他には同じように追い込みタイプで、稍重の馬場で時計が掛かることが味方しそうなウキヨノカゼ。吉田隼人騎手が前走につづいて乗りますし、ブラックタイドとディープインパクトの弟・オンファイア産駒というもの面白い存在です。

しかもウキヨノカゼは母の父がフサイチコンコルドで、音速の日本ダービー馬です。血統的にも面白い馬で、7歳にして大きなタイトルが取れたらイイですネ。

他には前走オープン重賞の壁にあたっても3着に健闘した、ジュールポレールも侮れない存在。幸英明騎手のお手馬と言った感じで、下から勝ち上がってきたコンビネーションに期待しましょう。

人気の一角である4枠の2頭ですが、ルージュバックもクイーンズリングも春初戦の内容から本調子を欠いていると判断して消します。

先週の第22回NHKマイルカップに続いての東京1,600m戦、牝馬のマイル王がどの馬になるのか?激戦を期待しています(^^♪


東京競馬第12回ヴィクトリアマイル(GI)2017年のレース予想は、三連単軸1頭流しマルチまたは三連複。
11番ミッキークイーンから、2番スマートレイアー、3番ジュールポレール、12番ウキヨノカゼ、14番レッツゴードンキに流します。

Posted by taketoshi : 14:18 | Comments (0) | Page Top ▲

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)